« LASSO に関する幾つかの補足 | トップページ | HTTPS 化へ向けて »

2020年4月 5日 (日)

ビリヤード選手 Billy Thorpe の動画

1年ほど前に長いブランクの後ビリヤードを再開したのに、昨年6月に転勤して、またまた遠のいています。そのため、このブログでビリヤードの記事を書くことも無くなっていたのですが、 YouTube で良い選手を知ったので記録しておきます。

その選手の名前は Billy Thorpe。 最近はビリヤード界隈の動向に疎かったので、彼がどのような選手なのか知りません。彼の動画は以下に有ります。

  1. INVINCIBLE FINAL RACK! Billy Thorpe vs. Justin Hall: FINALS 2020 Derby City Classic One-Pocket
  2. BANK POOL FINAL: Shane Van Boening vs Billy Thorpe - 2019 US Open Bank Pool Championship

1つ目の動画は今年のダービーシティのワンポケット決勝で優勝を決めたゲームです。1点目のバンクはフロックだと思いますが、その後8点まで取り切ったのは素晴らしいプレイです。ちなみに、この大会は1ショット 60 秒の制限が課せられているようですね。ワンポケットでこれはキツイです。

2つ目の動画は昨年の US オープン(バンクプール)の決勝戦です。惜しくも対戦相手の Boening に破れましたが、そのことが不思議に思えるほどの実力を感じました。印象に残ったシーンを1つ記しておきます。第6ゲームの終わりの方(52 分過ぎ)です。

Boening は1モア、 Thorpe は2モア、残りの球は2個で Thorpe の番。1番が穴前に有るので、 Thorpe は8番を落としただけでは上がれません。そこで、図のように8番を入れつつ1番を手球で落とします。その1番はフットスポットに上がり、それを入れて、第6ゲームは Thorpe が取りました。いいセンスしています。

図はボタン [Anim][Single] でアニメーションします。余談ですが、パラメータ等いろいろいじったのですが、球の走りが動画と同じようなタイミングには成りませんでした。

« LASSO に関する幾つかの補足 | トップページ | HTTPS 化へ向けて »

ビリヤード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« LASSO に関する幾つかの補足 | トップページ | HTTPS 化へ向けて »