« 転がっている球はいつ止まる? | トップページ | ドレスト光子の本買いました »

2018年1月14日 (日)

ドレスト光子

光に質量を与えたい -3- で超伝導体内で光が質量を獲得するカラクリが多少分かったわけですが、そもそもの発端は近接場光が質量を獲得することを理解したいということでした。その近接場光に関して新たに資料を見つけました。それが次の3点です(PDF ファイル)。

近接場光による光技術の質的変革
ドレスト光子によるバルク結晶シリコン発光素子
大津教授の講演資料

この中に出て来るキーワードで次のものが目に入りました。

  • ドレスト光子
  • 物質中の励起と光子が結合した場

ドレスト光子とは物質励起の衣をまとった光子という意味です。光子と電子とが結合した状態を表す準粒子がドレスト光子であるとの説明も有りました。

「物質中の励起と光子が結合した場」は、真空が相転移してゲージ場が質量を獲得するということを連想させます。たぶん、近接場光(ドレスト光子)を場の理論として説明するということは既に出来ているのでしょう。近接場光に対して持っていた疑問が、いよいよ解消できるかも知れません。

« 転がっている球はいつ止まる? | トップページ | ドレスト光子の本買いました »

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584699/66276233

この記事へのトラックバック一覧です: ドレスト光子:

« 転がっている球はいつ止まる? | トップページ | ドレスト光子の本買いました »