« インターネットで見つけたプレイ図ソフト | トップページ | 光に質量を与えたい -2- »

2016年12月 4日 (日)

光はとっくに質量を獲得していた

近接場光がきっかけで光が質量を獲得することに興味を持ち、光が質量を持つ模型という記事を見つけたことを、以前、当ブログの光に質量を与えたいで書きましたが、この「光が質量を持つ模型」よりもっと前から光は質量を獲得していたようです。その現象は超伝導体内部で発生しているそうです。超伝導体内部には光(電場も磁場も)は侵入できず、それは超伝導体内部で光が質量を獲得している表れであるということです。下記の記事に説明が有ります(PDF ファイル)。ただ、今ひとつ解った気になれませんけど。

質量の起源
対称性の自発的破れとヒッグス機構
南部理論と物性物理学

また、下記

ノート置き場

より「超伝導の基礎に関するノート」をクリックすると PDF 「超伝導の基礎に関するノート」がダウンロードされます。

超伝導体内部で光が質量を獲得する機構を、いづれ理解できたらまとめたいと思っています。

« インターネットで見つけたプレイ図ソフト | トップページ | 光に質量を与えたい -2- »

サイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584699/64582317

この記事へのトラックバック一覧です: 光はとっくに質量を獲得していた:

« インターネットで見つけたプレイ図ソフト | トップページ | 光に質量を与えたい -2- »