« SVG の変換行列(CTM) | トップページ | 光はとっくに質量を獲得していた »

2016年11月26日 (土)

インターネットで見つけたプレイ図ソフト

アメリカンフットボールのプレイ図(プレイブック)ソフトを検索してみたところ、図のようなソフトを見つけました。アドレスは
http://footballtactics.net/playbook.html
です。

Pbsoft_alt

私のようなデザインのセンスの無い者の作った LongDriver よりも綺麗な絵になっています。

このソフトを扱っているメインページは
http://footballtactics.net/
で、サッカー用ソフトは完成しているようですが、アメリカンフットボール用は途中で止まっているのか、完成には至っていないようです。このサイトに掲載されている 「documentation」 はサッカー用なので注意が必要です。

さて、 LongDriver を、この footballtactics と比較すると次のような違いが有りました。

まず、footballtactics はデータや画像をローカルファイルに保存できるのに対して LongDriver は出来ません。方法が分からないので、画像の取得は PrtScr キーを使うという姑息な手段を使っています。

次に、 footballtactics はフィールドの向きを変えられるのに、 LongDriver は出来ません。当初、 LongDriver も変えられるようにする積りでいたのですが、気が向いたらやるということにして、未だ実装していません。

3つ目は、 footballtactics はプレイルートに曲線が使えるのに対して、 LongDriver は出来ません。これも当初は予定していたのですが LongDriver では未実装です。モチベーションが上がったら実装するかも知れません(追記2:モチベーションが上がったので曲線も表示できるようにしました)。

4つ目の違いは初期状態に関してです。 footballtactics の初期状態は選手が居ませんが、 LongDriver はデフォルトで基本的な(と思われる)フォーメーションに配置されます。それは、ゼロの状態から22人を配置するのは骨が折れるので、前もって配置しておいた方が良いだろうと考えたからです。

5つ目は、 footballtactics は単一のプレイ図しか扱えないのに対して、 LongDriver は複数のプレイ図を扱えます。これはビリヤードの配置図ソフト FlatTable からの流れとして当然の仕様です。因みに、複数のプレイ図を扱えることが LongDriver という名前の由来です。

6つ目の違いはデータの共有方法についてです。 footballtactics ではこのサイトがサーバーとなってデータを保管し、それをダウンロードすることでデータの共有を行っています。この方法だと、ブログではただの画像を表示するに止まるため、ブログのみで footballtactics のデータを再利用(共有)することは出来ません。そのため footballtactics ではサーバーを使ってデータ共有をサポートしているのだと思われます。それに対して LongDriver では、ブログに貼り付けたデータを利用できるようになっています。

そして最後に footballtactics は Flash で出来ているのに対して LongDriver は SVG+JavaScript で出来ている点が違います。 Flash はいつまで大丈夫なのでしょうか?

追記1:
6番目の項目のデータの共有は footballtactics のサッカー版では可能ですが、アメリカンフットボール版は未実装ではないかと思われます。

« SVG の変換行列(CTM) | トップページ | 光はとっくに質量を獲得していた »

フットボールのプレイ図ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584699/64547222

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットで見つけたプレイ図ソフト:

« SVG の変換行列(CTM) | トップページ | 光はとっくに質量を獲得していた »