« 2014年6月 | トップページ | 2015年6月 »

2014年9月

2014年9月23日 (火)

数式を動的に変える(プレビューの応用)

MathJax の記事を検索していたら、下記のサイト
web 上での数式表示方式の比較
で、 web 上の幾つかの数式表示方式を比較した記事が有りました。その記事では、比較項目の例10「問題や解答の数値を動的に変えること」が MathJax では出来ないとなっていますが、 JavaScript を併用すれば可能です。実際、その例10は MathJax を使って以下のように実装できます。

例10の MathJax による実装

2次方程式の解を求めます.
正負の整数を入力して[解を求める]ボタンを押してください.

\((\) \()x^2+(\) \()x+(\) \()=0\)

\[x=\]

このように、問題や解答の数値を動的に変えることが出来ました。なお、簡単のため、エラー処理などはしていません。また、解の根号内が負のときでも、虚数単位 \(i\) を表示するようにはなっていません。因みに、上記実装はMathJax のプレビュー と同じ手法を使っています。

« 2014年6月 | トップページ | 2015年6月 »