« MathJax で可換図式 -2- | トップページ | FlatTable のアニメーションに球の音を追加 »

2014年4月 6日 (日)

FlatTableの部分的表示

FlatTable を表示する際、配置コードの後ろに


#svgView(viewBox(x1 y1 x2 y2 ))
を付けると FlatTable の一部分だけを表示することが出来ます。上記において座標 (x1 y1 x2 y2 )FlatTable の表示領域を表します。以下に部分的表示の例を示します。ここに width, heightiframe の大きさです。

<iframe src="http://spacelike.in.coocan.jp/flat//FlatTable_C.svg?
  ILC=21PDBtSFSsfEMuGEDuP32EYsEDIsz32GXroFPraJvsqHauPGEtaQFIuPAveWJvrtjvmOJvgtRFItODIsl.#svgView(viewBox(0 0 400 260))" 
  width="500" height="300">
</iframe>


この画像は FlatTable なので FlatTable の操作が可能です。例えば、[ Anim ][ Single ] とクリックすればアニメーションを実行することが出来ます。

この SVG の部分的表示の方法は「ゲームミュージックと生存確認をかねた画期的な」さんの記事 svgビュー指定って知ってますか? が参考になりました。

« MathJax で可換図式 -2- | トップページ | FlatTable のアニメーションに球の音を追加 »

ビリヤードの配置図ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584699/59425487

この記事へのトラックバック一覧です: FlatTableの部分的表示:

« MathJax で可換図式 -2- | トップページ | FlatTable のアニメーションに球の音を追加 »