« アニメーションのスキップと運動パラメータ | トップページ | Stop and Go »

2012年7月26日 (木)

数式表示 MathJax -6-

数式表示 MathJax -5-に不具合が有りました。そこに提示したコードを実行すると、 (, ) が数式のトリガーになって、 (, ) で挟まれた箇所を整形し、そして (, ) を見えなくしてしまうことが分かりました。

そこで、

    mjConfig.text = 'MathJax.Hub.Config(
        { tex2jax: { inlineMath: [["$","$"], ["\\(","\\)"]] } }
    )';
の内、 ["\\(,"\\)"]\ を追加して
    mjConfig.text = 'MathJax.Hub.Config(
        { tex2jax: { inlineMath: [["$","$"], ["\\\\(","\\\\)"]] } }
    )';
に変更することで不正な動作を回避できました。

この不具合は、文字列が2重にネストされているため、外側のネストで \\\ にエスケープされ、内側のネストで \(( にエスケープされたため、結局 ( が整形のトリガーになってしまったのが原因でした。 ) についても同様です。

この修正で、やっと MathJax がまともに使えるようになりました。

追記:
mjConfig.text はIEで正しく処理させるために mjConfig.innerHTML に修正しないといけないようです。

« アニメーションのスキップと運動パラメータ | トップページ | Stop and Go »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584699/55283230

この記事へのトラックバック一覧です: 数式表示 MathJax -6-:

« アニメーションのスキップと運動パラメータ | トップページ | Stop and Go »