« タブレットを買った | トップページ | タッチパネルはよく解らん -5- »

2012年5月30日 (水)

タッチパネルはよく解らん -4-

タブレット上の FlatTable 動作状況を報告します。

タブレット上の FlatTable には次の問題が見られました。

  • 球が小さくてタップが困難
  • 画面拡大・縮小が誤動作することが有る
  • ドラッグの応答が鈍い
  • テキストの寸法を取得できない
  • テキストのメニューが表示後すぐに消える
ここに、テキストとは FlatTable 上で作成・表示する文字列のことです。

それでは、各問題について説明します。

球が小さくてタップが困難

球が小さいため、タップミスが頻発しますが、指の先端で触ろうとしても上手く行きません。画面をタップした時、指の接触する部位は意外に内側に有ります。このことを意識して何度かタップを繰り返すうちに、打率は上がって来ます。

そうは言っても、PCのマウス・クリックが確実なのに比べたらタップミスはかなり多いと言えます。そこで、確実にタップするために一時的に画面を拡大するという方法が有ります。なお、画面を拡大して球をタップすると、拡大画像の上に元の大きさの画像が重なって表示されるという問題は有りますが、その後、画面をスクロールすれば、拡大画像は消えて、元の大きさの画像だけが残ります。

画面拡大・縮小が誤動作することが有る

画面の拡大・縮小を繰り返していると、その機能が誤動作することが有ります。その場合は、ダブルタップを何度か行えば、元の大きさの画面になり、拡大・縮小機能が復帰します。

ドラッグの応答が鈍い

ドラッグの動きが、PCに比べると信じられないほどギクシャクしています。タブレットと言うものは、こんなにも CPU 能力が低いのでしょうか? そうは考えられないので、タブレットならではの問題なのかなぁと思っています。例えば、指で操作しているので分解能が悪いとか、意図的に応答を鈍く設定しているとか・・・。

とにかく、これでは使い物にならないので何らかの改善を実施することにします。

テキストの寸法を取得できない

SVG のテキストの長さ(文字数ではなくて寸法のこと)は、

    textLength.baseVal.value
で取得できることが、Chrome のデバッグ機能により判っていました。しかし、どうもタブレットには対応していないようで、正しい長さを知ることが出来ません。そのため、テキスト作成直後のテキスト枠線は正しく表示できません。仕方無く、タブレットではテキスト作成直後は枠線を表示しないことにしました。また、同じ原因で、テキストのメニューの [ Fit Width ] も正しく動作しません。仕方無く、タブレットでは [ Fit Width ] は非対応にしました。

この不具合は、「タブレットが・・・」と言うよりも「私のタブレットのブラウザが・・・」と言うべきなのかも知れませんが。

テキストのメニューが表示後すぐに消える

配置図例 テキストをクリックすると、そのテキストに重なるようにしてメニューが表示されますが、タブレットでは、そのメニューが一瞬表示されてすぐに消失します。これは、タップした位置にメニューが表示されるため、メニューがテキスト・タップのイベントに反応しているのが原因と思われます。実際、メニューを離れた位置に表示させると、この不具合は発生しません。そこで、タブレットでは、テキストに対するメニューの表示を 400ms 遅らせることにしました。これでメニューの消失は無くなりました。因みに、300ms では不充分でした。

----

タブレットで動くソフトを作るためには、タブレットが必要でしたね。

ここまでの動作およびコードは、本ブログのサイドバー「Link」の「SVG+JavaScript 版 FlatTable の試作品」で確認できます。

« タブレットを買った | トップページ | タッチパネルはよく解らん -5- »

ビリヤードの配置図ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584699/54835283

この記事へのトラックバック一覧です: タッチパネルはよく解らん -4-:

« タブレットを買った | トップページ | タッチパネルはよく解らん -5- »