« スタンバイと終点への移動 | トップページ | 9-ラック、フルラック »

2012年3月29日 (木)

矢印球の色加工(修正)

先の「矢印球の色加工」で矢印球は複合図形なので、

    arrow.setAttribute(・・・);        // (1)
一発では色付け出来ないと書きましたが、それは間違いでした。

矢印球の SVG コードは、

    <g id="arw">
        <要素 A のデータ />
        <要素 B のデータ />
        <要素 C のデータ />
    <g>
となっていますが、各要素のデータに "fill""stroke" が無い場合に (1) で設定した値が有効になることが分かりました。これで、一々、子要素を個別に色加工する必要は無くなりました。

--------
ここまでの動作およびコードは、本ブログのサイドバー「Link」の「SVG+JavaScript 版 FlatTable の試作品」で確認できます。

« スタンバイと終点への移動 | トップページ | 9-ラック、フルラック »

ビリヤードの配置図ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584699/54341358

この記事へのトラックバック一覧です: 矢印球の色加工(修正):

« スタンバイと終点への移動 | トップページ | 9-ラック、フルラック »