« 始まります | トップページ | かなり自由度が高い »

2012年2月19日 (日)

Flash 版 FlatTable

ビリヤード配置図ソフト FlatTable を Flash から SVG+JavaScript へ移植しようとしている訳ですが、まず、元となっている Flash 版 FlatTable について説明します。

FlatTable は 2010年10月から作成を開始し、翌2011年5月に完成しました。その後もバグフィックス・改良を続けて、ほぼ最終形態がこれ↓です(PC限定)。


ここをクリックすると配置図が別窓で開きます

主な特長には次のものが有ります。

  • FlatTable に対して、配置コードを伴ったリンクを張ることで配置図を表示できる。
  • 複数のページを作図できる。
  • アニメーション機能が有る。

詳しい使い方は、FlatTable を見てもらうとして、簡単な説明をします。

  1. 球の移動はマウスでドラッグして行います。
  2. 球をダブルクリックすると、矢印球が出現します。そこでマウスを動かせば矢印球も動きます。
  3. その状態でクリックすると球の軌道の節点が決定します。必要な数だけ節点を生成した後で、ダブルクリックすると軌道が確定します。
  4. 軌道を修正するには、まず、球を右クリックしてメニューを出し、「ゴースト表示/非表示」をクリックします。すると、節点にゴーストが現れます。
  5. そのゴーストをドラッグして軌道を修正します。
  6. 球の右クリックで出たメニューから「線・ゴースト削除」を選択すると、軌道(およびゴースト)が削除されます。
  7. 複数ページに渡って作図した場合は、FlatTable の右上に有る「▼▲」をクリックすると、ページが切り替わります。
  8. 右上に有る灰色の四角を右クリックして、「配置コードコピー」を選択すると、配置コードがクリップボードにコピーされます。それをブログなどに貼って配置図へのリンクとして使います。
  9. 左上の[ A ]を右クリックして「連続アニメーション」を選択すると、アニメーションが実行されます。

以上が Flash 版 FlatTable です。試しに、上記配置図の[ A ]を右クリックして「連続アニメーション」させてみて下さい。

これを SVG+JavaScript へ移植するわけですが、かなり手こずっています。1つ前のブログにも書きましたが、SVG ファイルを扱えない(試した方法が上手く行かない)のは痛いことです。それ以外にも、色々問題が予想されます。もしかすると、Flash 版ほどの機能は持たせられないかも知れません。

さて、どうなることやら。

« 始まります | トップページ | かなり自由度が高い »

ビリヤードの配置図ソフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584699/54022440

この記事へのトラックバック一覧です: Flash 版 FlatTable:

« 始まります | トップページ | かなり自由度が高い »